Where to next? 旅行のプロが実際に旅したブログ

国内旅行、海外旅行、ホテル、グルメ、アート、そして学び!

ベネッセハウスに泊まる② 宿泊者しか鑑賞できないアートと素敵なレストラン

(読了時間約3分)

朝食は7時半から。パーク棟から「テラスレストラン 海の星 Etoile de la mer」へは、地階の通路を通って移動します。オーバル棟の宿泊客は、オーバルラウンジでの朝食になります。

 

ベネッセハウスでの宿泊についてはこちら。 

www.watano.info


地階には、世界的写真家・杉本博司の作品が並びます。『海景』などモノクロームの作品が有名ですが、直島の『護王神社』や小田原の『江之浦測候所』など建築も手掛けています。いずれも素晴らしい作品なので、また別記事でご紹介したいです。

 

安藤忠雄のコンクリート打ち放しの壁に、杉本博司のモノクロームの写真。薄暗い中で少し怖い気もしますが、静かな空間で作品に向き合うことができます。宿泊者には無料の地階ナイトツアーもあります。その他にもアートツアーがありますので、宿泊前に確認しておきたいですね。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190501011315j:plain

パーク棟地階 『光の棺』と『松林図』

f:id:watanosumiyoshi:20190501011353j:plain

安藤忠雄の『光の教会』を被写体にした『建築シリーズ』

f:id:watanosumiyoshi:20190501011416j:plain

『海景』

 

コンクリートの通路の先には、テレジータ・フェルナンデスの「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」。瀬戸内海のような明るいブルーにワクワクします。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190501011441j:plain

『ブラインド・ブルー・ランドスケープ』

f:id:watanosumiyoshi:20190501011508j:plain

綺麗なガラスのアート

 

瀬戸内海に面した大きな窓のレストラン。90席あり広々としています。奥の建物はビーチ棟です。遠くに行き交う大きな船も見えます。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190501011548j:plain

テラスレストラン

f:id:watanosumiyoshi:20190501011612j:plain

テラスレストランから瀬戸内海

f:id:watanosumiyoshi:20190501011628j:plain

大きな窓と高い天井


朝食はブッフェスタイル。主に洋食ですが、和食もあります。 パンには自家製のイチジクジャム、マーマレード、小豆島のオリーブオイルなどがありました。自然派が嬉しいですね。蒜山ヨーグルトと。地元の野菜やみかんも新鮮で美味しかったです。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190501011705j:plain

朝食

f:id:watanosumiyoshi:20190501011745j:plain

朝食 ごはんと味噌汁もあります

f:id:watanosumiyoshi:20190501011832j:plain

ゆで卵をエッグスタンドで

 

テラスレストランでの夕食はフレンチ。約10,000円か13,000円のコースで、前菜、スープ、魚料理、肉料理、デザート、コーヒーなどが出ます。美味しいのはもちろん、量もちょうどいいです。アラカルトもあります。お酒が飲めない方には瀬戸内オリーブサイダーやレモネードがオススメ。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190501011916j:plain

食前に瀬戸内サイダーとオリーブ

f:id:watanosumiyoshi:20190501012038j:plain

テリーヌ かぼちゃスープ 石鯛 地鶏

f:id:watanosumiyoshi:20190501012115j:plain

デザートも美味しい

f:id:watanosumiyoshi:20190501012207j:plain

別の日の夕食 まずは泡 前菜とパンと瀬戸内オリーブ

f:id:watanosumiyoshi:20190501012237j:plain

別の日の夕食 メインは鯛

f:id:watanosumiyoshi:20190501012327j:plain

別の日の夕食 石鯛マリネ コーンスープ 牛ホホ肉 林檎のデザート

 

もう1つの夕食レストランは、ベネッセミュージアム内にある「ミュージアムレストラン 日本料理 一扇」。パーク棟やビーチ棟からは送迎があります。2部制で席数も限られていますので、必ず事前予約しましょう。ちなみに、朝食と昼食もあります。6歳未満のお子様不可。

 

壁に掛けられたアンディ・ウォーホルの『フラワーズ』が明るい雰囲気にしてくれます。屋外には杉本博司の『タイム・エクスポーズド』。贅沢な空間!

 

f:id:watanosumiyoshi:20190501012406j:plain

日本料理 一扇

f:id:watanosumiyoshi:20190501012453j:plain

『タイム・エクスポーズド』

 

料金設定はテラスレストランとほぼ同じ。懐石料理、ステーキ御膳、小中学生向けの手頃な御膳などもあります。日本料理は盛り付けも美しく、器にもこだわりが感じられ、季節の食材を楽しめるのがいいですね。瀬戸内海の新鮮なお刺身も美味でした。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190501012541j:plain

美しい前菜 瀬戸内海のままかりや太刀魚 秋の御膳

f:id:watanosumiyoshi:20190501012616j:plain

松茸土瓶蒸しやお刺身 器も美しい

f:id:watanosumiyoshi:20190501012650j:plain

和牛ステーキ 天ぷら 栗ごはん 季節のフルーツ

 

ベネッセハウスでは、もっともっとアートを楽しめます。続く。

 

ベネッセハウスの公式HP

滞在 | ベネッセアートサイト直島