Where to next? 旅行のプロが実際に旅したブログ

国内旅行、海外旅行、ホテル、グルメ、アート、そして学び!

ザ・リッツカールトン東京に泊まる 広い客室から都内の眺め

(読了時間約3分)

ザ・リッツカールトン東京は都内有数の高級ホテル。2007年開業の東京ミッドタウンの上層階を占め、高さ248mは都内で最も高いビルです。フロントは45階で、53階まで245室の客室があります。住所は港区赤坂ですが、六本木交差点のすぐ近く。最寄り駅は、都営地下鉄・六本木駅で地下通路直結。JR東京駅からはタクシーで約20分です。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190421220932j:plain

東京ミッドタウン

f:id:watanosumiyoshi:20190421221041j:plain

壁までピカピカに磨かれたエレベーターホール

 

東京ミッドタウンの東側にある檜町公園は、桜や紅葉が美しく、散策にぴったりです。安藤忠雄設計の21_21 DESIGN SIGHT デザイン&アートギャラリーもあります。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190421221120j:plain

檜町公園の桜

 

リッツカールトンは、世界最大のホテルチェーンであるアメリカのマリオット・インターナショナルが手掛けるブランドの1つです。日本には、大阪、京都、沖縄にもあります。近々、日光や北海道でも開業予定で楽しみです。

 

リッツカールトンと言えば、一昔前に、その最高のサービスや従業員が携帯するクレド(信条)というカードなどを紹介した書籍がベストセラーになりましたね。

 

宿泊したのはデラックスルーム。高級ホテルですので、スイート、クラブ、デラックスまでのカテゴリーしかありません。この一番小さい客室でも52㎡あります。ドアを開けると、窓まで遠かったです(笑)エントランス左にバスルーム、右にミニバー、その奥にベッドルーム。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190421221202j:plain

デラックスルーム

f:id:watanosumiyoshi:20190421221231j:plain

デラックスルームのベッド


ベッドルームには、ソファ、デスク、テレビ、クローゼット。楕円形デスクは意外と使いやすいです。朝急いでいてデスクの角に腰をぶつけてしまうこともありません(笑)

 

f:id:watanosumiyoshi:20190421221342j:plain

デスク

 

仕事から戻るとターンダウンされていました。翌日の天気予報の手書きメモも置いてありました。スマホやパソコンでも調べられますが、忙しい時はその少しの時間も取れないものなので、さすがです!

 

f:id:watanosumiyoshi:20190421222417j:plain

ターンダウンされた客室

 

照明とカーテンは、ベッドサイドのスイッチで操作。無料の水は毎日2本ずつ置いてありました。リッツカールトンのチョコレートと一緒に。

 

そして、クローゼットが素晴らしいです。テレビの両側に1つずつ。高級ホテルでは、連泊してディナーやパーティー用に洋服をたくさん持って来る人が多いため、このように大きなクローゼットになるのでしょう。ふわふわの使い捨てスリッパとバスローブ、ナイトウェア、靴磨きクロス、予備の枕なども用意されていました。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190421221451j:plain

テレビの両脇にクローゼット

 

バスルームは円形の面白いデザイン。左からぐるりと、バスタブ、トイレ、洗面台、シャワールーム(レインシャワー有り)、洗面台、テレビ。朝身支度をしながらニュースを見れる(聞ける)のはかなり便利!

 

バリアフリーということで洗面台は低めで、海外や他の外資系ホテルより使いやすかったです。タオルとマットはふんだんにありました。欲を言えば、アクセサリートレイと体重計とスツールもほしいところです(他の客室にはあるかもしれません)。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190421221545j:plain

デラックスルームのバスルーム

f:id:watanosumiyoshi:20190421221739j:plain

バスタブとバスローブ

f:id:watanosumiyoshi:20190421221645j:plain

バスルームのテレビ エントランスのミニバー

 

エントランスのミニバーには、チェックイン時に、ポットのお湯とアイスペールの氷がちゃんと準備されていました。最近はセルフのホテルが多いので、これは嬉しかったです。お茶とコーヒーは無料。冷蔵庫には、ビール、ワイン、コーラ、ミネラルウォーターなどが入っています。もちろん、なかなかのお値段(笑)

 

f:id:watanosumiyoshi:20190421221837j:plain

お茶とコーヒーのセット

 

アメニティは英国王室御用達のアスプレイなのですが、中国製なのが少し残念。ボディスポンジは片面ヘチマになっていて、使い捨てにはもったいないくらいでした。爪磨きのほか、櫛とブラシの両方あるのも良かったです。入浴剤はフランスの自然塩で安心。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190421221911j:plain

アメニティ

 

部屋から新宿方面の眺め。広大な緑地は赤坂御用地と迎賓館です。和食レストラン「ひのきざか」からは富士山が見えました。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190421221942j:plain

客室からの景色

 

フロント階にある朝食レストランからは、朝焼けの空に東京タワーと東京湾が見えました。朝食はパンが美味しかったです。大きな栗が乗っていたり、フレッシュブルーベリーが挟んであったり。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190421222035j:plain

朝食と東京湾の景色

 

連泊したのですが、夜は一度ルームサービスを取ってみました。パスタとビール、なかなか美味しかったです。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190421222127j:plain

ルームサービスの夕食

 

レストランは和食(会席、すし、天ぷら、鉄板焼)のほかに、グリル、フレンチ、バー、ロビーラウンジがあります。ミッドタウン1階には「ザ・リッツ・カールトンカフェ&デリ」があり、テイクアウトも可能です。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190421222209j:plain

オシャレなカフェ&デリ

 

館内には、会議室、宴会場、ウェディングサロン、スパ、フィットネスもあります。

 

泊まってみた感想。客室と食事には大満足でした。おもてなしに定評があるリッツカールトンですが、フロントもベルも電話がひっきりなしに鳴っていて、スタッフは対応に追われて少々余裕がなさそうでした。まあ、仕事ですのでそんな時もありますね。

 

ホテルの公式HP

ザ・リッツ・カールトン東京 - Ritz-Carlton | オフィシャルサイト