Where to next? 旅行のプロが実際に旅したブログ

国内旅行、海外旅行、ホテル、グルメ、アート、そして学び!

東京都心のお花見スポット③ 2019年の見頃は?のんびり静かにお花見したい!

(読了時間約2分)

たまには都会の喧騒から離れてのんびり静かにお花見したいですね。また、小さなお子様がいる場合、賑やかな宴会の中に連れて行くのはちょっと心配です。

 

別記事でもご紹介した旧芝離宮恩賜庭園もその1つ。アクセス至便の上、広すぎず、ちょこっとお花見したい時にもちょうどいいです。

 

旧芝離宮恩賜庭園についてはこちら。

 

www.watano.info

 

また、旧芝離宮恩賜庭園にほど近い浜離宮恩賜庭園、日比谷公園、新宿御苑もオススメ。いずれも、酒類・遊具・運動用具の持込み禁止、宴会も禁止で、安心して桜を鑑賞することができます。

 

浜離宮恩賜庭園は17世紀に造られた、東京を代表する大名庭園。江戸時代は将軍家の鴨場でした。築地場外市場から徒歩約10分。最寄り駅は、ゆりかもめと都営地下鉄の汐留駅です。入園料300円。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190319224508j:plain

浜離宮恩賜庭園のソメイヨシノ

f:id:watanosumiyoshi:20190319224547j:plain

桜がたくさん咲いている場所は園内に2か所あります

 

一番大きな池である「潮入の池」は、東京湾の水が流れ込む海水で、たくさんの鴨が羽を休めにやって来ます。鵜やサギを見かけることもあります。この池にある「中島の御茶屋」では、抹茶と季節の和菓子を頂けますよ(720円)。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190319224655j:plain

潮入の池と中島の御茶屋 高層ビルとのコントラスト

f:id:watanosumiyoshi:20190319224741j:plain

抹茶と桜の生菓子

浜離宮恩賜庭園には、遅咲きの八重桜もたくさんあるのですが、また別記事でご紹介したいです。

 

日比谷公園は、皇居の南隣、銀座からも徒歩圏内にあります。最寄り駅は東京メトロ・日比谷駅。日比谷門の正面には帝国ホテルがあります。入園無料。江戸時代は武家屋敷、明治時代は陸軍練兵場でした。その後、1903年に日本初の洋風近代式公園として開園。

 

桜は公園の西側にあります。以前は下の写真のようにシートを広げることができたのですが、今は残念ながら禁止になっているようです。しかし、園内のベンチに座ってお弁当を食べることはできます。レストランや売店もあり、洋食の松本楼が雰囲気があってオススメ。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190319224850j:plain

日比谷公園のソメイヨシノ

桜と同じ時期に、色とりどりのチューリップも咲き綺麗です。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190319224955j:plain

日比谷公園のチューリップ

                                                

最後は新宿御苑。総面積はなんと、上野恩賜公園より少し広い約58ha。約65種1,000本以上の桜があり、種類により開花期が異なるため、長い期間桜が楽しめます。最寄り駅は、東京メトロ・新宿三丁目駅。入園料は最近値上げされて500円です。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190319225055j:plain

新宿御苑のソメイヨシノ 満開!

 

f:id:watanosumiyoshi:20190319225411j:plain

大きな桜の木の下で一休み

 

園内には、日本庭園、大温室、バラ花壇もあります。とにかく広い敷地に年間を通して様々な花が咲き、スケールが違います。500円を払う価値は十分あります。宴会禁止ですが、お弁当を広げることはできますよ。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190319225333j:plain

広い芝生広場

f:id:watanosumiyoshi:20190319225547j:plain

日本庭園の池に浮かぶ桜の花びらが美しい

f:id:watanosumiyoshi:20190319225652j:plain

ソメイヨシノと同じ時期に雪柳と山吹も咲きます カラフルで華やか

 

次回は、東京都心の夜桜。

 

浜離宮恩賜庭園の公式HP

浜離宮恩賜庭園|公園へ行こう!

日比谷公園の公式HP

日比谷公園|公園へ行こう!

新宿御苑の公式HP

新宿御苑 | 一般財団法人国民公園協会