Where to next? 旅行のプロが実際に旅したブログ

国内旅行、海外旅行、ホテル、グルメ、アート、そして学び!

チームラボボーダレスお台場 【完全ガイド】混雑状況は?誰と行く?最新デジタルアートを体験!

(読了時間約5分) 

 お台場にある「森ビル デジタルアートミュージアム エプソン チームラボボーダレス」は、他に類をみない最先端のデジタルアートミュージアムです。先日ご紹介した新豊洲のチームラボプラネッツは期間限定ですが、お台場は常設展。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315010010j:plain

カラフルで美しいデジタルアート

f:id:watanosumiyoshi:20190315011359j:plain

 

チームラボプラネッツとチームラボについてはこちら。

www.watano.info

 

2018年6月オープン。ゆりかもめ青海駅とほぼ直結。トヨタMEGA WEBの2階を通り抜け、大観覧車の真下に入口があります。りんかい線東京テレポート駅の正面でもあります。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315010805j:plain

お台場マップ 赤丸が大観覧車(パレットタウン)

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315010157j:plain

東京テレポート駅から大観覧車を目指す

 

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315010304j:plain

入口から外まで入場待ちの長い行列

コンセプトは、「境界のない1つの世界の中で、さまよい、探索し、発見する」。お台場も館内図はありません(2階のみ有り)。他作品との境界線もなく、その中を歩きながら没入していく。

 

館内は10,000㎡と広く、2階に上がる階段もあります。歩きやすい靴がマスト!ヒールで来てしまった場合、2階でシューズを借りれますが。また、チームラボプラネッツと同様、ガラスの床がありますのでスカートはオススメできません。

 

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315010501j:plain

2階への階段は結構長い

 

チケットは大人3,200円、中学生以下1,000円で、公式HPからオンライン購入できます。ただし、時間指定はないため、屋外に長い行列ができる場合があります。私が行った時の待ち時間は、週末午後も平日午前も約20分でした。早い方だと思います。

(ネットが不安な方は、コンビニでも購入できます。ローソン・ミニストップの店頭Loppiで!)

 

屋内ですので、季節や天気に関係なく混雑します。見学時間が限られてしまいますが、空くのは夕方以降の入場です(平日19時、土日祝21時閉館)。閑散期は1月中旬から2月でしょうか。

 

前売券が残っている場合(公式HPで確認できます)、当日券が出ます。先に入口の機械で購入して、行列に並びに行きます。チケットはキャンセル不可。公式HPに入場日変更の条件やその他注意点が記載されていますので、購入前に必ず確認しましょう。

 

入口で説明を受けた後、大きな荷物は無料のロッカー(100円玉が後で返却されるタイプ)に入れます。外国人観光客も多いからか、スーツ置き場もあります。傘立とベビーカー置き場も。館内は全体的に暗く、床もアートになっていますので、何か落としても探せません。ポケットの中も注意しましょう。

 

チケットをオンライン購入すると、前日にQRコードがメールで送られてきます。その場合は、スマホ画面を最大限に明るくしておきましょう。ゲートの反応が弱いのか、暗いとQRコードを読み取れず、ゲートが開きません。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315010942j:plain

ロッカー

 

最も人気がある作品は「呼応するランプの森」。気付かずに出てしまう人もいます。目印は行列です(笑)私は平日昼間で30分待ちました。中は短時間の入替制ですが、外からも見えますので、並んでいるうちにも写真を撮っておきましょう。

 

日本古来の色を放つのは、チームラボプラネッツの球体と同じ。3月は桜の色も。ランプシェードはベネチアングラス。光は強くなったり弱くなったり変化していきます。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315011028j:plain

春は桜の色

f:id:watanosumiyoshi:20190315011112j:plain

変化するランプの色

 

宣伝ポスターになっている「人々のための岩に憑依する滝」。リアルタイムで生み出される、その瞬間だけのアートです。さまよううちに何度か通りましたが、花や滝や文字など、デザインはそのたびに違っていました。素晴らしい!

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315011227j:plain

お台場周辺で見かけるポスター

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315011303j:plain

変化し続けるアート

 お台場でもアプリを使ってインタラクティブに楽しめる作品があるのですが、混雑のためかうまく作動しませんでした。しかし、アプリがなくても「クリスタルワールド」で体験できます。備え付けの画面から象形文字を飛ばすと、光の具合が変化して幻想的です。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315011634j:plain

 

1階の広い空間にはたくさんの展示スペースがあります。いずれも変化し続けるアート。作品は、期間によって一部変更することがあります。各作品の説明は公式HPに詳細がありますよ。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315011744j:plain

小部屋にある様々な作品

f:id:watanosumiyoshi:20190315011835j:plain

床も壁も一面アート!

f:id:watanosumiyoshi:20190315011913j:plain

和風アート ススキ 雅楽器を奏でる人たち 蛍舞う竹林 鳥獣戯画のような半透明の動物

1階でもう1つ長い行列ができていました。空中に浮かぶネットに寝転がって鑑賞する「浮遊する巣」。足元が悪いプラネタリウムのような感じです。20分待ちましたが、時間が限られている方には特にオススメしません。1時間待ちのこともあります。

 

館内はイスがほとんどありません。歩き疲れた場合は、自販機コーナーで休みましょう。2階にはカフェ「EN TEA HOUSE 幻花亭」もあります。TEAなのでコーヒーはありません。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315012051j:plain

自販機コーナーで小休憩

 

2階は創造的運動空間である「運動の森」。お子様連れの場合は、1階はさっと写真を撮るだけにして、疲れてしまう前にすぐ2階に上がることをオススメします。階段は入口のすぐそばにあり、後で1階に戻ってくることも可能です。特に1階は暗くて広いので迷子注意です!

 

「人間は身体で世界を捉え、身体で考えている」

脳が身体に指示しているだけではなく、身体を動かす筋肉や骨も指示をしていることがわかってきているらしいです!そのためには、空間認識能力も大切なのだそうですよ。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315012255j:plain

起伏のある2階 トランポリンや滑り台で体を動かす

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315074345j:plain

子供たちに人気のお絵かき水族館 大人も遊べます

2階奥には、チームラボプラネッツにもあった球体のような作品。こちも日本古来の色「かさねのいろめ」が美しいですね。

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315012356j:plain

 

私の平日朝からの滞在時間は2時間半でした。プラス、屋外での待ち時間20分。館内1階での待ち時間は合計約50分。つまり、中も外も行列が全くなければ最短1時間半で鑑賞可能ということになります。ただし、2階での運動時間は含まれていません。

 

効率よく鑑賞したい場合は、こちらのブログなどで、どんな作品があるか大体頭に入れておけば、見逃しも防げます。驚きは少々減りますが(笑)

 

5時間以上滞在する人も結構いるようです。立ったままの待ち時間が多く、迷子にもなりやすいため、仲良しの少人数がベター。一人も効率よく動けるのでオススメです。7,8人で来ていたグループが、薄暗い中見失った人を探すのに大声を出していて、他の人の鑑賞の妨げになっていました。

 

また、人物の写真を撮るなら黒っぽい服装で。美しいデジタルアートが自分の服にも映ります!ちなみに、暗がりで浮いていたのはチェックの服でした。お子様の迷子防止にはなるかもしれませんが(笑)

 

f:id:watanosumiyoshi:20190315012505j:plain

菊の花弁でできた虎が時間とともに散っていく

公式HP(ここからチケットを購入できます。第2・第4火曜日休館)

チームラボボーダレス お台場 公式サイト:森ビルデジタルアートミュージアム